TOEIC385点の純ジャパが行くバックパック旅

普通の大学生が休学しないで世界23カ国を旅した記録とアメリカ留学記録

【ベトナムから中国へ電車旅】列車でハノイから桂林 行き方

 

 

ハノイから南寧までの行き方 列車編

 

前日、ハノイから中国に行く、列車があると聞き、Vietnam で有名なthe shin touristsハノイから南寧行きの電車を予約していました。

 

ハノイ駅で事前に購入することもできます。

 

時刻表 

 ハノイ駅 21:20発→南寧駅 翌10:10着

南寧駅  18:10発→ハノイ駅 翌 5:30着

値段: 750,000VND(約3700円)

 

電車の発車駅は、Gia Lam駅

f:id:hayata0916:20181124130103p:image

中心部から少し離れているため、タクシーで行くことをおすすめします。

21:20にGia Lam駅を出発。

 

f:id:hayata0916:20181124130405j:image

寝台列車のベッドは、前の人が降りたままで、温もり髪の毛が…。カルチャーショック。

夜も話し声がかなりうるさかったです。笑笑

f:id:hayata0916:20181124132603j:image

コンセントはありますが、電気は来てません。

途中、入国審査があり、1時間半ほど停車し、降り、イミグレーションに行きます。

待っている間は、携帯電話の使用も許されません。

 

朝10時過ぎ南寧に到着。

何をすればよいのか分からず、彷徨っているとオーストラリアへ留学中の中国人が、声をかけてくれ、桂林に行きたいと伝えるとチケットオフィスまで案内してくれました。

優しい!!!

 

そこで筆談で南寧から桂林行きのチケットを購入!!

 

中国のこの辺りに行くときは、紙とペンは必須です。

値段 硬座  62.5元(1015円)

 

桂林北駅で降ります。

f:id:hayata0916:20181124132556j:image

そこから市バスで、桂林駅まで向かいます。

約20分かかります。

こんなに綺麗な公園も近くに。

f:id:hayata0916:20181124135238j:image

この日は、夜も遅いため、桂林の宿で一泊。

桂林のホテル

Guilin hundred lives youth hostel

  • 立地 ◎   ロケーションは良いものの、団地の中にあるため見つけるのが大変です。
  • スタッフ◎  英語はあまり話せないスタッフでしたが、とても親切でした。
  • 設備 △   トイレとバスルームがあまり綺麗ではなかったです。
  • WiFi
  • 一泊 487円

http://www.booking.com/Share-Nr8pzk 

 

翌日、桂林汽车客运总站まで行き、チケットオフィスで興坪と書いたメモを渡してチケットをゲット。

バスを待つ間に本場の麻婆豆腐を。

 

興坪までは、1時間半かかりました。

興坪に到着。

f:id:hayata0916:20181124135043j:image
f:id:hayata0916:20181124135050j:image
f:id:hayata0916:20181124135056j:image
f:id:hayata0916:20181124135101j:image



f:id:hayata0916:20181124135141j:image
f:id:hayata0916:20181124135137j:image

 興坪のおすすめホテル

Xingping Hi Grey Hostel 

  • 立地 ◎
  • スタッフ ◎英語OK
  • WiFi
  • 設備 ◎
  • 一泊 537円

http://www.booking.com/Share-OHikpz

 

ここに泊まっていた中国人の友達と近くにある山のビュースポットへ。

f:id:hayata0916:20181124134900j:image


f:id:hayata0916:20181124134913j:image
f:id:hayata0916:20181124134917j:image
f:id:hayata0916:20181124134904j:image

次の日も、仲良くなった中国人たちと散策し、ディナーも一緒に食べました。


f:id:hayata0916:20181124135454j:image
f:id:hayata0916:20181124135458j:image

f:id:hayata0916:20181124135649j:image

本当に綺麗な場所でした。今まで訪れた場所の中でもトップ5のお気に入りの場所です。

 

夕方には、中国人版ウーバーを友達が呼び、

阳朔Yáng shuòという街まで移動。

興坪に比べると結構栄えてる街です。寺などの歴史的な建造物や、噴水、イルミネーションなどもあり、中国らしい街。
f:id:hayata0916:20181124140234j:image
f:id:hayata0916:20181124140238j:image
f:id:hayata0916:20181124140246j:image

次の日に、阳朔から桂林までバスで移動。

行きと同じように、桂林から南寧まで電車で戻り、南寧から今度は、バスを使ってハノイへ戻りました。

 

南寧からハノイ 帰り方 バス編

南寧東駅から地下鉄で埌東客運站駅まで行きます。

175元〜195元程度でした。

 

埌東客運站→越南河内 

オフィスで10:30のチケットを買います。

時刻表です。

f:id:hayata0916:20181124141720p:image

国際線は、待合室がラウンジのようなものが使えますが、めっちゃ汚いです。笑笑


f:id:hayata0916:20181124140300j:image

出発します。
f:id:hayata0916:20181124140241j:image
f:id:hayata0916:20181124140308j:image

イミグレーションを通過して、しばらくしてからベトナムランチがでました。

結構美味しいやっぱりベトナム料理はうまい。
f:id:hayata0916:20181124140249j:image

 

ハノイに戻ってきて、ホイアンを目指します。