TOEIC385点の純ジャパが行くバックパック旅

普通の大学生が休学しないで世界23カ国を旅した記録とアメリカ留学記録

【インド版ウユニ塩湖!?】インドにある白い砂漠に行ってみた

 

ついに白い砂漠に到着!

f:id:hayata0916:20200208101231j:plain

f:id:hayata0916:20200128141041j:plain

こんな感じでひたすら絶景でした。

日の入りに間に合ってよかったです。

外国人観光客は少ないですが、インド人はたくさんいました。

 

こんな感じで粒上の塩が広がっていてとても神秘的な世界でした。

ここをずっと歩いていくとパキスタンにたどり着くみたいです。

f:id:hayata0916:20200208101420j:plain

迷子になりそうなくらい広いですが、展望台が目印になるのでそこを目指して帰ってくれば大丈夫です。

f:id:hayata0916:20200208101216j:plain

展望台から駐車場まではラクダで行くこともできます。

行きは歩いて帰りはラクダで帰りました。

1人300ルピー(460円)でした。結構高いので交渉しましたが値引きは通用しませんでした。

ラクダで隣に座ってたおっちゃんが話しかけてきて、仲良くなりました。

サムスンで働いていて日本にはよく行ってたらしいです。いまは、コカ・コーラで働いているみたい。おじさんといろんな話をして、結構仲良くなったのでFacebookを交換しました。こういう出会いは意外と大事。

 

↓こんな感じでラクダの後ろに20人くらい乗ります。

f:id:hayata0916:20200208101223j:plain

砂漠の周辺ではホワイトランフェスティバルが行われていて、インドのダンスや音楽で

にぎやかな感じでした。5000円~2万円くらい払えばこの砂漠周辺に宿泊できるみたいです。この時期は、だいたい予約でいっぱいなので早めに予約することをお勧めします。帰りもタクシーの運ちゃんの待つ駐車場まで行き、ブージの街に帰りました。

 

まとめ 

このあたりはつい最近までインターネットも通っていなかったみたいで、ほんとに秘境だったみたいです。

2001年には大地震があり、多くの人が亡くなり、たくさんの建造物が損傷した砂漠周辺では、日本の自衛隊がいち早く支援してくれたみたいで日本人にはすごく感謝してると言っていました。

 

そのためか、この町で出会ったインド人はとても親切でご飯をごちそうしてくれたり、ヒッチハイクしてくれたり、法学部と言ったら弁護士事務所に招待してくれるなどインドの他のエリアでは絶対についていってはいけないパターンの誘い文句ですが、信用してついていくことができました。

 

今回の旅で一番よかったエリアかなと思いました。(グジャラート州は原則外国人もお酒は飲めません。飲みたい場合は、空港で特別な申請が必要です。

 

 

www.weonlyliveonce.info

www.weonlyliveonce.info