TOEIC385点の純ジャパが行くバックパック旅

普通の大学生が休学しないで世界23カ国を旅した記録とアメリカ留学記録

【クスコからウユニまでバス旅】デサグロアデーロルートの安全性を検証

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

 

2020年3月11日更新の最新情報です!

この度は、鏡張りの絶景で有名なボリビアのウユニ塩湖に行ってきました!

f:id:hayata0916:20200312091446j:image

f:id:hayata0916:20200312091530j:image

 

クスコからラパスへ陸路行き方

 


まずクスコのバスターミナルに行きます。

中に入るとCruz Del Sur の看板がある窓口でチケットを購入しました。


ここでは、主に二つのルートがあります。

 


コパカバーナ

・デサグロアデーロ

 


他のブロガーさんも書いているように、デサグロアデーロルートは日本人バックパッカーの中で危険と言われています。

過去に、国境警察が荷物を盗んだりしことがあったらしいです。

 


そのことをバスの窓口で伝えると、デサグロアデーロには新しい国境施設ができて、安全になったらしいです。

 


時間も前者が、17時間〜18時間かかるのに対して、後者は、13時間程度です。

 


窓口のおっちゃんの言葉を信じて、デサグロアデーロルートで行くことにしました。。。

 


そこで、ラパスまで行きたいと伝えると

Nuevo intercontinental のバスを紹介されます。パートナーシップを締結してるバス会社のようです。

f:id:hayata0916:20200312091648j:image

Nuevo intercontinental社

クスコからラパスまで

値段: 120 soles

時間: 15hours

 


22:30          クスコ バスターミナル出発

  ↓

9時すぎ  デサグロアデーロイミグレ

  ↓

12時すぎ  ラパス バスターミナル到着

 


問題の国境検査でしたが、めちゃめちゃ時間がかかりましたが、荷物を取られることもなく安全に通過することができました。

国境施設の様子はこんな感じ。

f:id:hayata0916:20200312091738j:image
f:id:hayata0916:20200312091731j:image
f:id:hayata0916:20200312091735j:image


窓口のおっちゃんの言うことは、本当みたいです。

 


オンライン上のバス会社の評価は、あまりよくあひませんでしたが、最低限のトイレや充電器などはついていました。Wifiはなかったです。

 


ラパスからウユニへ陸路行き方

 


ラパスのバスターミナルには、ウユニ行きのバス会社がたくさんあります。

私が聞いた限りでは、70ボリから120ボリくらいの値段帯でした。

 


私は、Cruz del Norte という会社で90ボリだったのを80ボリまで値切り利用しました。

出発時刻は、20:30又は22:30でした。

22:30の方がバス内の設備が良い的なことを言ってました。Wifi なし・スナック・充電口ありでした。


ラパスで半日時間があったので市内で髪を切ったり、ラパスを観光しました。

 


20:30            ラパス発

  ↓

5:30               ウユニ到着

 

 

Cruz del Norte社

ラパスからウユニ
合計:9時間弱

値段: 80ボリ

 


まとめ

クスコからウユニ

合計:23時間

値段:4800円程度


危ないと言われていたデサグロアデーロルートでしたが、なんの問題もなく通過することができました。やはり、新しい国境管理施設ができたことが影響しているのでしょうか。

 


運転手によって、バスが寒かったり、暑かったりしましたが、160°リクライニングできるので、そこそこよく寝れました。

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村